俺はしがない40オーバーのオヤジ(独身)だ。
昔は良かった…

あの頃パソコンや携帯は普及してなく遊ぶとしたら、もっぱらテレクラしかなかった。
出会い系やSNSもない時代、テレクラだけが俺の生きがいだった。
事実、テレクラでは女性と会うことが出来た。

俺が22歳の時、初体験をすませた相手もテレクラで出会ったメス豚だった。
容姿がひどく、ブタゴリラ淫乱マダムだったが、後悔したことはない。

時は流れて今にいたり、ミクシィやらSNSやら結婚相談所でしか女性と知り合うきっかけがなくなってしまった。
「会いたい時にすぐに会う」がテレクラの魅力だ。
テレクラの終幕と共に俺の人生も終わった。

ところがドッコイ!

テレクラは無くなっていなかった。
少数だが確実に生き残っていた。
ひょんなことからコンビニで買ったエロ本にツーショットテレクラという携帯サイトが載っていた。
それを見た瞬間に俺は狂喜乱舞した。
家に帰り早速電話。
俺は電話が女性につながると耳を疑った。

若い

昔のテレクラは現役を退きかけている腐りかけ熟女が大半を占めていて、たまに若い生娘に当たる。
その生娘を言葉巧みに誘い出すことが大変だった。それが今だと全く逆の状態。
30分で3人と電話したが21歳大学生20歳フリーター26歳OL

若すぎる

四の五の言われ会うのを拒否されたが、めげずに電話し続けた。
7、8人目にようやく33歳の人妻につながった。
やはり大人の女性、しっとりとした声、俺もジットリした。

ちょろっと電話で話したら
番号とアドレス
すぐ教えてくれた…

恐る恐る電話をしようか迷っていたら

▼こんな写メールが来た▼
即ハメ電話アポイント|テレクラ体験記

すんなり会う約束を受け入れてくれて、電話した次の日に会うことに。
あまりにもすんなり事が運ぶことに恐怖すら覚えそうだ。
実際会って見て仰天。かなり美人だ。

実際に会うまではHなことしか考えていなかったが、この出会いを大事にしようと心に誓い、スケベな考えはやめた。
値段のはるコース料理食べ、次に会う約束をし、何もせずに帰宅。

と思いきや…

彼女の方から「このまま、帰りたくない」とネチっこいアピール。
よしファイト1発かまします!
そのままホテルへGO!

俺と彼女は一晩中しっぽりねっとり。
やはり俺にとってテレクラは生きがいだ。
今では最初にあった美人な彼女とは別に、あと二人ネバついた関係の女性がいます。

即ハメ電話アポイント|テレクラ体験記

↑こんな娘と
↓こんな娘

即ハメ電話アポイント|テレクラ体験記

機会があれば是非一度テレクラを試してみることをオススメする。
ちなみに、ホテル代等は全て俺もち。

でも、後悔はしない。